アフィリエイト
メタボ奮闘記 簡単ダイエットレシピ・私のメタボ奮闘記

メタボ奮闘記

ここは、メタボ奮闘記 のページです。
| ホームはじめに| メタボ対策商品| |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 メボリック・シンドローム。いまやこの言葉を聞かない日は一日としてないほど、あちらこちらから真夏のセミの如く、うっとうしいほど聞えてきます。
 メタボリック・シンドローム。直訳すれば「代謝症候群」。そう言われてもいまひとつピンと来ない。それが「内臓脂肪症候群」と言われると、たちまちにして内臓を覆いつくした醜い脂肪の塊が、具体的なイメージとして浮かんでくる。

皮下脂肪と内臓脂肪の違い
 少し前まで肥満といえば「皮下脂肪」を指していたと思います。気がつけば、いつの間にか肥満の座を奪いとっていた「内臓脂肪」。「皮下脂肪」と「内臓脂肪」ってどこがどう違うんでしょう。
 外見的には皮下脂肪を「洋なし型肥満・下半身型肥満」、内臓脂肪を「りんご型肥満、上半身型肥満」といい、またお腹をつまんでみて、しっかりとつまめるのが皮下脂肪、つまみにくいのが内臓脂肪。
 健康への影響としては、皮下脂肪は特に女性に多くみられ、女性ホルモンが影響し、ゆっくりと時間をかけてお尻や足などに脂肪が蓄積されていくもので、それほど問題はないが、内蔵脂肪の場合は脂肪が内臓に蓄積されるために、さまざまな病気を引き起こす原因になるということです。

内臓脂肪の問題
 糖類の過剰摂取や運動不足などにより内臓脂肪が増え、それが分解されると肝臓に取り込まれやすくなり、その結果さまざまな代謝異常が起こり、糖尿病、高血圧、高脂血症などの合併症を起こしやすくなり、さらに心筋梗塞や脳梗塞などの危険性が高まるということです。
 ただし、皮下脂肪と違い、急激についた内臓脂肪は、食生活の改善と運動で意外と簡単に減らすことが出来るとのこと。

メタボリック・シンドロームの判断基準
 メタボリック・シンドロームの判断基準とは、
・ウエストまわり 男性は85センチ以上、女性は90センチ以上
・高脂血症(中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール値40mg/dl以上)
・高血圧(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
・高血糖(空腹時血糖値110mg/dl以上)
上記のうち2つ以上当てはまれば、病院で一度診査していただきましょう。

メタボ解消に奮闘す?
 さて、内臓脂肪は運動や食生活などでわりと簡単に減らせることを知り、さっそく自分の腹部をつまんでみる。「これって内臓脂肪か、それとも皮下脂肪か。きっと内臓脂肪に違いない。であるならば運動でカ~ンタンに落とせるゾ」と。 
 それからが大変、しばらくの間忙しさにかまけて休んでいたウォーキングをまた始め、通販で足踏み器(?)を購入しては、寸暇を惜しんで足踏みをし、大女優さんがテレビで「80歳過ぎてもゲンキなのは、スクワットを毎日欠かさずやっているからです」とおっしゃれば、「すわ、スクワット」と。
 その間、周囲の者たちは冷ややかに見ていたに違いない、「いつまで続くことやら」と。
 そのとおり、やっぱり続かなかった。通販で購入した足踏み器(?)は、その正式名称を知る間もなく、アッという間にお払いバコとなり、今では客のつかないお女郎さんのごとく、部屋の隅っこでお茶を挽いて久しい。

ローマは一日にして成らず、千里の道も一歩から
 メタボリック・シンドローム対策の基本は、食習慣や運動習慣など、生活習慣の改善を出来るところから少しずつ積み重ねていくこと。それらのことが結果として大きな成果につながるという、しごくあたり前のことなんですね。だけど……。
 そんなことは言っておられません。さぁ、今日から電車は一駅手前で降りて、歩きましょう。
 スーパーへの買い物も、車ではなく歩いて行きましょう。お食事はカロリー控えめに、特にアルコールはなるべく控えましょう。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。