アフィリエイト
酢の効用 簡単ダイエットレシピ・私のメタボ奮闘記
FC2ブログ

酢の効用

ここは、酢の効用 のページです。
| ホームはじめに| メタボ対策商品| |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタボ・糖尿病予防に効果的な酢を使った料理

【ピクルスの作り方】
 ★材 料
野菜……量は容器の大きさを考慮してキュウリ、ダイコン、ニンジン、タマネギ、パプリカなど。カリフラワーなどは硬めに茹でたものを使いますが、基本的には生で食べられるもので、やわらかい葉物以外は何でも可能。色々お試しになってみるのも面白いです。
酢と水……酢と水の分量は5対5から6対4ぐらい。あくまでもその方のお好みですが、長く保存する場合は酢を多めにするとよいでしょう。これらを合わせ、中に入れる野菜の分量も考慮して、密閉ビンの7~8割程度。
ディールシード……分量は500ccに対し大さじ1ぐらいを目安に、これもお好みで。ディールはピクルス独特の香りをつけるハーブですが、この匂いが嫌いな方は入れなくてもよろしいです。無くてもピクルスは出来ます。
ローリエ(月桂樹)、シナモンステック、黒コショウの粒を適宜。これらも香りづけですから、なくてもよろしいです。
唐辛子……2、3本。
砂糖……小さじ1弱(私は入れませんが、ご自分のお好みで少しぐらいは)
塩少々(材料にもみ込む時に使います)
密閉ビン

★作り方
① 鍋に酢と水を合わせ入れ、沸騰のちょっと手前で火を止めます(吹きこぼれに気を付けてね)。
② あらかじめ塩をすり込んで10~20分ぐらい経った材料(野菜)の塩分をサッと洗い流し、水分を拭き取っておきます。
④ きれいに洗っておいた密閉ビンに材料を詰めます。この時にディールシード、唐辛子、ローリエ、シナモンステック、黒コショウを入れましょう。そこに①の酢をビンに触れないように野菜の上に流し、熱いうちに蓋をしてください。これでビンは密閉され半年は十分保存可能です。

【注】
 熱い酢を注ぐ時、ビンに液が当たらないよう気をつけてください。ビンが割れると悲惨な目に遭いますからね。コツとしては、ビンに野菜を詰める時に隙間無く詰めること。液体を流し込んだ時にビン割れを防いでくれます。
 ディールシードはスーパーやハーブティー店で簡単に手に入ります。粉末ではなくあくまでシード(種)です。

 その日のうちに食べられますが、1週間ぐらいが食べごろ。サラダがわりにたくさん召し上がって、若さと健康を保ちましょう。多目に作っておいても3、4ヶ月は保存可能です。
 古くなったピクルスも独特な香りと味がしていいですよ。ざっくり切ってカレーに。ラッキョウの代用としてもなかなかです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。